mtk+ vol.4
岡田 佑里奈


会期:2021年10月12日(火)〜11月7日(日)
会期時間:10:00-18:00

関連イベント:アーティストトーク
参加アーティスト:鬼頭健吾、岡田 佑里奈
日時:11月5日(金)18:30~
会場:MtK Contemporary Art

岡田の作品は、作家自身もコントロールの仕切れない一回きりの偶発性によって成り立っている。カメラを通して現れる画面には、被写体に対しての「愛情」や「憧れ」を映し出しているようである。その画面にひび割れという剥落したような画面の動きを岡田自身で施すことによって、被写体そのものとの距離を測り、岡田の目に映る一瞬の儚さを画面に留めておこうとする。この画面上の現象は作家自身も予想することができないため、被写体との埋められない距離やもどかしさを表現している。
写真という複製可能なメディアに身体的な時間軸を加えることにより、唯一無二な存在を作り上げていく岡田の作品は、写真と絵画、どちらへものアプローチを試みている。


岡田 佑里奈/Yurina Okada

1995 兵庫県⽣まれ。
2020 京都造形芸術⼤学⼤学院ペインティング領域 修了。
主な展覧会に「Walk in a dream」ART DYNE(東京、2021)、「Kyoto Perspective」ANB Tokyo(東京、2021)、「exhibition I」biscuit gallery(東京、2021)、「ARTISTS’ FAIR KYOTO」京都文化博物館(京都、2021)、「UP_01」銀座蔦屋書店 GINZA ATRIUM(東京、2021)、 「燦三と照りつける太陽で、あつさ加わり体調を崩しがちな季節ですが規則正しく健やか奈日々をお過ごしください。展」西武渋谷 (東京、2020)。 主な受賞歴に「The Art of Color DIOR 2019」入選(2019)、「ART AWARD MARUNOUCHI 2018」後藤 繁雄賞(2018)、「TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD#7」後藤 繁雄賞(2017)。
MtK Contemporary Art

京都府京都市左京区岡崎南御所町20-1
20-1 Okazaki Minamigoshocho,
Sakyo-ku, Kyoto City, Kyoto Prefecture
京都市営地下鉄東西線「東山」駅下車1番出口より
徒歩約10分

Hours: 10:00~18:00 
Monday: Closed