MtK MtK

MtK Contemporary Artは2021年3月に株式会社マツシマホールディングスが開廊したコマーシャルギャラリーです。現代アートを通じて社会に貢献したいと考えていたマツシマホールディングスと、ディレクターである現代美術作家・鬼頭健吾の「良い作品を見ることができる場所を京都につくりたい」という思いが一致し、ギャラリーとしてスタートしました。

京都の美術館や演劇ホールなど数々の文化施設が集中する岡崎地区において、西日本に縁のあるアーティストの展示を中心に、国内外で注目を集めるアーティストの個展やグループ展を年に6回のペースで開催しています。
また、若手作家を紹介・支援するとともに、京都のアートシーンを活性化させることを目的とした展覧会プロジェクト「mtk+」を開催しています。隣接するカフェ「.S」(ドットエス)を会場とし、ジャンルを超えたさまざまな若手アーティストの展覧会を行っています。
建築について
彫刻家・名和晃平が主宰するクリエイティブ・プラットフォーム〈Sandwich〉がデザイン監修を務めた。
MtK Contemporary Art

京都府京都市左京区岡崎南御所町20-1

京都市営地下鉄東西線「東山」駅下車1番出口より徒歩約10分

Hours: 10:00~18:00 
Closed on Mondays