MtK MtK

2022.11.15

Art Collaboration Kyoto 「一角と鬣 The Unicorn and the Lion 」

Left: Daisuke Ohba, M, 2019, Right: Usukubo Kaoru, The Flower Language of Almonds, 2021, photo by Nobutada Omote

この度、MtK Contemporary Artは、11月18日(金)より11月20日(日)にかけて、国立京都国際会館ニューホールホワイエにて開催される「Art Collaboration Kyoto」のスペシャルプログラム「一角と鬣」にて、絵画計画/大庭 大介・薄久保 香の新作をご紹介いたします。

本展覧会では、人類創世における諸説と古代神話から着想を得て2020年にベルリンで開催された薄久保香と大庭大介による展覧会のテーマをもとに、2人の新作作品をご紹介します。

ご多用の折誠に恐れ入りますが、国内外から様々なアートが集うこの機会に、是非ご来場を賜りますようお願い申し上げます。

「一角と鬣」
出展作家: 絵画計画/大庭 大介・薄久保 香
メイン会場:国立京都国際会館ニューホールホワイエ
606-0001 京都府京都市左京区岩倉大鷺町422
(京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館駅から徒歩5分)

会期: 11月18日(金)12:00–19:00 / 11月19日(土)12:00–19:00 / 11月20日(日)12:00–17:00
※最終入場は閉場の1時間前まで

https://a-c-k.jp/special-programs/

Share
facebook
twitter
line